注目キーワード
  1. NHK
  2. お金を守る知識

クーリングオフ 解説 マルチ商法は20日までなら無条件で解約可能

こんばんは、管理人です。

今回は知っているようで知らないクーリングオフ制度についての記事を書いていこうと思います

消費者の最強の権利であるクーリングオフ制度

 

概要としては

消費者を守る特別な制度で

 一定期間であれば【理由を問わず】【無条件で】

 【一方的に】契約を解除できるものです

 

www.kokusen.go.jp

 

(出典:国民消費者センター)

 

無条件で交わした契約を取り消せる強力な権利ですが

有効期限があります

 

有効期限は契約の種類によって異なりますが

 

例えば

・訪問販売(新聞とか)は8日間

マルチ商法の場合は20日間になります

 

日数のカウントはじめは

「申込書面または契約書面のいずれか早いほうを受け取った日から」

スタートです

 

販売側にとってはせっかく契約を交わしても

一方的に無効にできる理不尽ともいえる権利なので

クーリングオフ期間を(無事?)やり過ごすために

 

嘘をついたり

「その理由ではクーリング出来ません」

「そもそもクーリングオフ対象外の契約です」

 

・泣き脅し

「無効にされたら自分がクビになってしまう」等

 

っていう手段を取ってくる場合もあるそうですが

その場合は期間を延長できます

 

口頭や電話での通話の場合は

 

立証が難しい場合も多いのであらかじめ

揉めることが分かっているなら

 

録音しちゃいましょう

 

対面ならICレコーダー

電話ならスマフォの録音機能やアプリが有効です

マルチ商法は20日までなら無条件で解約可能

 

私の体験談だと

マルチ商法の場合は

その場で契約せずに帰れる雰囲気ではなかったので会場で

入会申し込み状を書いて

翌日、クーリングオフの申請を行いました

 

繰り返しになりますが

この制度は理由を問わず、一方的に契約を解除できるものなので

知っているか、知っていないかで大きな差が生まれます。

 

その差が心のゆとりに繋がると思います

勧誘を受ける際には(勧誘を受けるような状況にならないのがBESTではあります)

頭の片隅にでも入れておけば良いと思います♪

それだけで全然違いますからね^^