注目キーワード
  1. NHK
  2. お金を守る知識

格安SIM オススメ 固定費を下げてお金を貯めましょう

こんにちは、管理人です♪

今回は格安SIMを使って固定費を下げる事でお金を貯めましょう。

という事についてお話させて頂きます

 

貯まるお金=収入ー支出

 

当たり前の事ですが

まずはお金を貯める為の原理原則です

 

今の時代、収入を増やす事は簡単ではないと思います

 

特に1つの場所からしか収入がない場合

その収入源の会社の懐事情やあなたの頑張り次第です

 

確実に収入UPが見込めるかどうかは疑わしいです・・・

 

支出を減らす事で貯まるお金は確実に増える

収入は確実にUPする見込みはありませんが

支出は自分次第で確実に減らすことは可能です

 

今回は毎月払っているであろう

携帯電話利用料金にフォーカスして方法を書いていきたいと

思います

 

日本の携帯電話市場はほぼ寡占市場

 

日本の携帯電話キャリアは

ドコモ・au・ソフトバンク

 

大体この3つに絞られるれます

この市場はほぼほぼ寡占市場です

寡占市場とは

ざっくりいうと

少数の企業によって商品が供給されている市場の事です

 

寡占になる理由としては

参入障壁が高いというのがあります

参入障壁とは

 

携帯キャリア業界は回線等の設備投資の額が大きく

また3G→4Gとバージョンアップしていく度に設備の更新が必要なので

資金のない企業は参入するのが極めて難しい業界です

 

ですが

一度参入さえできればその後は

競争もあまりなく安定した収益が見込めます

 

日本の携帯使用料金はニューヨークより少し高いくらい

 

www.sankei.com

出典:産経新聞

 

スマホ代金 世界比較
(記事中より抜粋)

 

金額は円換算したものです

ニューヨークより少し高いくらいですが

他の国と比べたら2倍近いです

 

サービス内容や平均所得が日本とは違いますが

月6000円以上は”高額”です

 

格安SIMを使いましょう

私は以前はauを使っていたのですが

料金高い&プランが分かりにくい(多分わざと)

という理由で

 

格安SIM(LINEモバイル)に替えました

 

参考までに添付

au プラン表

うん、高いし良くわからないですねw

 

今使っているLINEモバイルのプランと実際の支払額はこちら

LINEモバイル プラン表

 

格安SIM 実際

 

気になる通信速度と回線の品質はどうなのか

 

実際につかってみた感想ですが

大きな違いは感じられません^^

 

LINEモバイルのプランはギガ数で

数パターンのプランがあります

 

auに比べてシンプルですね♪

 

また、私は家にWifiがあるので3Gプランで

十分ですし7GBプランでも2,880円です

 

なにより一番いいのは

”ラインでの通話はデータ使用量にカウントされないこと”

 

です

会社用携帯ならまだしも普段の友人との会話などは

ラインの無料通話で十分、ってのが実際のところです

 

ちなみに画像上部に「NTT DOCOMO」ってあるのは

LINEモバイル側がドコモ回線を借りて使用しているからです

 

(ソフトバンク回線を使うプランもあるみたいです)

 

月4,000円節約できれば年間48,000円節約できる

 

年間48,000円節約できることは年収48,000円UPしたことと

同じことです。税金を考慮すればもっとですね^^

 

多様な選択肢がある良い時代だからこそ

上手く節約して

 

その分、貯金や投資、旅行などに回せれば

良いと思います♪

 

今回の記事が読者の皆さんのお役に立てれば嬉しいです♪

 

ちなみにわたしはLINEモバイルの回し者ではありませんので

ご了承くださいw