注目キーワード
  1. NHK
  2. お金を守る知識

お金 貯め方教えます

こんばんは♪

管理人です

今回は「お金を守る知識」としてお金の貯め方について、お伝えしていこうと思います

貯まるお金=収入ー支出

これは原理原則です

 

貯まるお金の金額を増やすには

 

・収入を増やす

・支出を減らす

 

どっちか、もしくは両方を実行していく必要があります

 

収入UPは

会社や上司の意向など、自分の意志だけでは中々うまくいかない事も

多い&時間もかかりがちです

 

けれども

 

支出を減らすことは自分の努力次第で

今すぐにでもやれます

 

ですので基本コッチがオススメです

 

50円安い商品を求めて20分離れたスーパーに行くのはコスパが悪い

こんなこと言うと

怒られるかもしれませんが、それを行っても大した

お金は浮きません

 

体力や気力・時間は有限です

 

支払うコスト(時間・体力)と得られる成果(50円〜)

を行動前に考えてから動きましょう

 

流動費より固定費に注目しよう

 

費用は大きく分けると2種類に分けられます

 

それは

流動費と固定費です

 

流動費は変動費ともいって

毎月金額が変わる費用のことをいいます

 

使えば使うほど増えていくお金です

 

家計でいうと

医療費、食費、光熱費、嗜好品(たばこ,お酒)

等が該当します

 

変動費(へんどうひ)とは – コトバンク

 

それに対して

固定費とは

 

毎月出ていく金額が決まっている費用の事をいいます

 

損害保険料、生命保険料

家賃、ローンの支払い等が該当します

 

固定費(こていひ)とは – コトバンク

 

節約の基本は固定費を見直すこと

変動費を減らすには

 

食費を削る

飲みに行かない

水道光熱費を減らす→電気をこまめに消す、お風呂にお湯をためず

シャワーで済ます等

 

これでも節約にはなるのですが

イマイチ節約の効果が見えにくい部分があります

 

なんせ毎回変動する費用ですからね

 

そして

食事代や飲み代を我慢した時に

惨めな気持ちになるのはなぜだろうか・・

 

 

対して固定費は

 

一度見直すだけで

毎月決まった金額を節約することが出来ます

 

その時はめんどくさいと思っても

ずっとその効果が続くのでオススメです

 

今すぐできる固定費節約としては

 

携帯電話使用料金の見直しが効果も高く

即効性もあるのでオススメしています

 

大体月で4000円とすると年間で48000円

 

 

 

仮に50年使うとしたら240万円の節約になります

 

少し気の長い話をしてしまいましたが

 

そう考えると、人間って生きてるだけで

お金って沢山かかるんだなぁと感じます

 

生命保険や損害保険も削減できる余地が大いにあるのですが

 

それはまたの機会に書かせて頂こうと思います

 

高い固定費がある限り一生お金はたまらない

 

月に4000円節約するだけで年間48000円節約できることを

考えると

 

月々は大した金額に見えなくても

期間を半年、1年と広げた時に実はとても大きな金額を

払っている事に気付くはずです

 

特にローンを長期に渡って

組むような場合は金利手数料もプラスされるので

総額でとても大きな金額を支払うことになります

 

月々の支払金額ではなく

結局総額いくら払うのか??を考えて賢いお金の使い方をしましょうね♫

 

今回の記事が皆さんのお役に立てれば幸いです♫