注目キーワード
  1. NHK
  2. お金を守る知識

NHK 契約  封筒  受信契約のご案内という封筒が届いた。これ、支払い義務があるの?

  • 2019年7月2日
  • 2019年10月27日
  • NHK
NHK NHK 封筒

こんばんは、管理人のNUFです♪

今回はNHKから届いた「受信料契約お手続きのご案内」という

封筒が届いた場合どうすればいいのか?について解説していきたいと思います

最初に結論

 

すぐに開封しなくていいし

返送の必要なし。捨てていいです

 

理由はこれから説明していきますね



来ましたよ。
NHKから、なんか禍々しい封筒が

NHK 封筒
 

赤字で重要って
 

(裏側はこちら)




宛名はない
個人が特定されているものではなさそう

ここ大事

 

差出人は「 NHKふれあいセンター」


 まことに恐縮ではありますが、ふれあいたくない。

 中身

 

 

最後、すごい

「裁判所を通じた法的手続きの実施」ですってw

この中で気になるのはQ2ですね

「協会の放送を受信することのできる受信設備」の定義とは? 

「協会の放送を受信することのできる受信設備」

この内容の例をあげると
 

NHKを受信できるTV
ワンセグ機能付きの機器
カーナビ
等になります。
 

ちなみにiPhoneは・・ワンセグ機能は付いていません。

ならば、iPhoneもってる人
or
持ってなくても買い替えれば大勝利じゃん!ではありません。
 

買い替えるお金が無駄でしょう

ちなみに2019年3月の最高裁で

ワンセグ機能付きのスマフォもっているだけで支払い義務が

発生することが確定してしまいました。

 

www.asahi.com

(出典:朝日新聞)

 

それでは

実際にNHKが契約を迫って家まで来た場合

具体的に、どうするのが良いのでしょうか?

不本意な契約を結ばないことが第一

 

それは受信契約を結ばないことです。

 

もっというなれば

ドアを開けない事。話さない事です。
 

要は相手にしてはいけないのです

契約は双方の同意によって成立します

 

もし、宅配等と間違ってドアを開けてしまった場合

持っていないなら

テレビ、ワンセグ付きスマフォの所持を否定しましょう。

 
現在の日本の法律では受信機能つきのTV、ワンセグ、カーナビをもっているなら契約しないといけない。

正しいとは思いませんが
これは法律で残念ながら認められてしまいました。

 でも、考えてみてください
 
それら所持していても


NHK側が立証する事ができなければ契約には至らないわけです。

それって簡単に出来る事でしょうか?

 

契約を結ばせようと勝手に部屋に入ってくるなら

それは住居侵入罪なので警察に連絡してあげましょう

 
 なので
まずは、下手な事を言わない。

 

ボロが出て突っ込まれる。
相手もアホではないのです。


「TVありません。見てください!」等と部屋の中を見せる必要も全くない。
 

また、NHKの人間を論破しても意味はないです
 
 取り合わない事がBESTです

 

ちなみに
 
契約してしまった場合
「見てないから払いたくない」というのは通用しませんので、ご注意下さい
 

裁判起こしても100%負けます

契約したら法的に支払いの義務があります

 

だから、意にそわない契約をしないことが最重要なのです

ちなみに

 

契約しないことによる罰則は今現在特にはありません

最後にもう一度、結論

 

開封する必要なし。捨てていいです。

 

参考までに。月々の支払い金額はコチラ

NHK 金額

 

年間で15,120円 極めて勿体ない・・

この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです♪

 

関連記事

NHK 契約 成立条件とタイミングについて解説します

NHK ふれあいセンター に連絡する時は要注意